2012年07月05日

ベイトリール修理中

TEAMDAIWA-X 105HVL
NEC_0984.JPG

クラッチの戻りとドラグの滑りが悪くなったので、修理依頼しました。
ただ、かなりの年代物なので修理不可かもしれないとのことでした。

こないだ立てかけたロッドが倒れた時にカバーにキズが入ってしまいましたが、
ほぼ無傷でピカピカだったんですけどね。
メンテナンスしてて、だいぶ内部のパーツが傷んできてるのはわかってました。

ダメなら観賞用かな。

posted by okamasa at 09:38| Comment(7) | タックル&ストラテジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれあれ?
なんか大事な記事が抜けてませんか?笑
Posted by BD at 2012年07月05日 13:46
BDさん
パラダイスに沈められますよ・・・。
「根掛かりかと思ったら、BDやん!」って。
Posted by okamasa at 2012年07月05日 16:35
やっぱベイトのが長持ちする気がしますね。

久しぶりに投げたくなりました。
Posted by hassy at 2012年07月05日 19:43
hassyさん
私はモノもちがいいかもしれません。
このリールは単に使ってなかっただけですが、
ほかにもセミオールドなタックルが・・・。
やっぱ使ってなんぼですね。
Posted by okamasa at 2012年07月06日 01:06
昔のリール愛着わきますよね♪

僕もスコーピオンのクイックファイヤーの調子が悪くなってきたのでヒヤヒヤしてます!笑
たぶんこれも修理は無理...
Posted by エリア at 2012年07月06日 08:27
エリアさん
パーツの在庫なんでしょうかね。
最後の荒技は、中古屋で安いの仕入れてパーツ取りして組み直し。
でも、ちゃんと組めなくて動かないリスクもある。
Posted by okamasa at 2012年07月06日 08:38
このリールは修理不能でした。
クラッチもドラグも、パーツがないそうです。
Posted by okamasa at 2012年07月21日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。